食品安全FAQ > 1歳未満の乳児に、はちみつを与えてはいけないのはなぜですか?

(2018/2/2)

1歳未満の乳児に、はちみつを与えてはいけないのはなぜですか?

1歳未満の乳児は腸内環境が未熟なため、はちみつにボツリヌス菌が混入していた場合、菌が腸内で増えて、「乳児ボツリヌス症」を起こすことがあります。


【乳児ボツリヌス症とは?】
◆どんな症状?
・便秘になったり、哺乳(ほにゅう)力が低下したり、元気がなくなったりします。
 過去には死亡例もあります。
◆大人は大丈夫?
・1歳を過ぎた子供や大人では、乳児ボツリヌス症の発症はありません。
◆はちみつを加熱すれば大丈夫?
・ボツリヌス菌は熱に強いため、普通に加熱しただけでは死にません。
 はちみつを使った食品(菓子など)にも注意が必要です。

乳児ボツリヌス症の予防のため、1歳未満の乳児にはちみつを与えるのは避けてください。
主にお世話をするお父さん・お母さんだけでなく、祖父母や同居しているご家族にも、乳児にはちみつを与えてはいけないことを伝えるようにしてください。


このFAQのご感想をお聞かせください。
お寄せいただきましたご意見は、今後のFAQ改良に反映したいと考えております。お気軽にご意見をお寄せください。

ご参考になりましたか?

とても参考になった 参考になった  参考にならなかった まったく参考にならなかった

このFAQのご感想はいかがですか?ご感想お聞かせください。