食品安全FAQ > 体の具合が悪くなったとき、食事が原因と思われる場合は、どうしたらよいですか?

(2014/3/12)

体の具合が悪くなったとき、食事が原因と思われる場合は、どうしたらよいですか?

  • (1)食中毒の症状は、どのようなものですか?
  • (2)食中毒の場合、保健所はどのような調査を行うのですか?

 まず、病院で医師の診断と適切な治療を受けてください。食品による健康被害が疑われる場合、診察した医師は最寄りの保健所に届け出ることが定められています。
 その後、食事が原因と疑われる場合は、お近くの保健所にご相談ください。原因と疑われる食品の残品がある場合は、捨てずにとっておいていただくと、その後の調査に役立つ場合があります。




(1)食中毒の主な症状は、胃腸炎(下痢、腹痛、おう吐など)ですが、発熱、けん怠感など風邪のような症状のときもあります。
 食中毒を起こす原因には、細菌の他にもウイルス原虫、化学物質などがあり、症状や予防方法はその種類によって異なります。詳しくは下記参考ホームページをご覧ください。
 食中毒の場合に見られる症状の時間的な変化については、下記関連する質問をご参照ください。

(2)相談を受けた保健所では、申し出者の症状や数日間の食事の状況などについてお聞きしたり、必要に応じて検便や食品の残品の検査などを実施したりします。同時に、飲食店や製造元などに対して、施設の立ち入り調査や他に同様の苦情がないかなどの聞き取り調査を行います。当該事業者が所管地域外の場合は、所在地域の保健所に調査を依頼します。これらの調査結果に基づいて原因を明らかにし、再発防止の指導や営業停止などの必要な行政指導・処分を行います。



このFAQのご感想をお聞かせください。
お寄せいただきましたご意見は、今後のFAQ改良に反映したいと考えております。お気軽にご意見をお寄せください。

ご参考になりましたか?

とても参考になった 参考になった  参考にならなかった まったく参考にならなかった

このFAQのご感想はいかがですか?ご感想お聞かせください。