食品安全FAQ > 消費期限や賞味期限が長い食品は、食品添加物をたくさん使っているのですか?

(2014/3/12)

消費期限や賞味期限が長い食品は、食品添加物をたくさん使っているのですか?

 消費期限賞味期限 の長さには、食品添加物だけでなく、様々な要因が関係しますので、必ずしもたくさん使っているとは限りません。



食品の腐敗や変敗、酸化を防ぎ、保存性を高めるために保存料酸化防止剤などの食品添加物が使用されることがあります。ただし、使用できる食品と使用量は制限されています。
 食品の日持ちは添加物の使用のみで決まるものではないため、消費期限賞味期限が長い加工食品について、一概に添加物を多く使っているとは言えません。製造時の衛生状態や製造方法、原材料の特性、流通時の温度管理、製品の水分量など様々な要因が関係します。
 食品添加物を使用した場合は、原則としてすべて表示することが義務付けられています。気になる場合は、表示を見ればどのような添加物が使われているかを知ることができます。


このFAQのご感想をお聞かせください。
お寄せいただきましたご意見は、今後のFAQ改良に反映したいと考えております。お気軽にご意見をお寄せください。

ご参考になりましたか?

とても参考になった 参考になった  参考にならなかった まったく参考にならなかった

このFAQのご感想はいかがですか?ご感想お聞かせください。