食品安全FAQ > 賞味期限が書かれていない食品があるのは、なぜですか?

(2014/3/12)

賞味期限が書かれていない食品があるのは、なぜですか?

  • (1)賞味期限の書かれていない食品は、いつまで安全なのでしょうか?

 長期間保存しても品質の変化が極めて少ないアイスクリームや食塩など一部の食品は、賞味期限の表示を省略することができます。



賞味期限の表示を省略できる食品には、次のものがあります。

 1.でん粉
 2.チューインガム
 3.冷菓
 4.砂糖
 5.アイスクリーム類
 6.食塩及びうま味調味料
 7.酒類
 8.飲料水及び清涼飲料水(ガラス瓶入りのもの(紙栓をつけたものを除く。)
   又はポリエチレン製容器入りのものに限る。)
 9.氷

(1)これらについては、基本的に品質の変化が極めて少ないため、賞味期限表示を省略することが認められています。したがって、未開封の状態で、かつ、パッケージ等に書かれている保存方法を守った場合には、基本的に安全に食べることができます。ただし、高温や湿気に弱いものもありますので、保存方法には気を配ってください。


このFAQのご感想をお聞かせください。
お寄せいただきましたご意見は、今後のFAQ改良に反映したいと考えております。お気軽にご意見をお寄せください。

ご参考になりましたか?

とても参考になった 参考になった  参考にならなかった まったく参考にならなかった

このFAQのご感想はいかがですか?ご感想お聞かせください。